人前に出たりする際に顔が赤くなってしまう。

まあ、普通ですと思ってしまいます。

 

しかし、ごく少数の人前でとか、教室内のクラスメイトの前とか、日常の場面でも極端に緊張やストレスを感じるという事が、まずプレッシャーですし、赤面してしまった事を指摘される、目線を感じるといった状況も、さらにプレッシャーを呼びます。

 

講演会の演者を引き受けている方や教師などの職業の方のような、大勢の前に立って何かをする人は、場数を踏み、幾度となく自分を鍛え上げることで、多少の緊張を感じても普通に話せるようになるという話をしますよね。精神面でのトレーニングがひつようという事になります。

 

まあ、でもそう簡単ではないし、時間もかかります。まずメイクでカバーするのがよいでしょう。女性はその点ラッキーですよね。