• 皮膚が薄い
  • よくみると下の血管が透けて見える
  • 肌のきめが細かい
  • 乾燥してカサカサしている
  • 敏感肌

 

こんな特徴があります。

皮膚が薄くなると、血管の色が透けて見えるため、顔が赤いように見えてしう。もともと皮膚自体が薄い方もいて、日ごろのスキンケアによって肌が削られることによって皮膚が薄くなっていく。こすりすぎで、必要な角質までもがはがれてしまい、皮膚が薄くなり、血管の赤が目立ちやすくなるのです。

 

元々皮膚が薄い人は、あとから皮膚を厚くすることはできません。でも、保湿をすることでお肌の状態を整えれば、皮膚の炎症も起こらないので刺激により赤くなることもありません。潤いって本当大事なんですね。。。

また、血管が透けて見えるお肌の方は血管を細くする化粧水を使うといいそうですよ!ケアによるお肌をこすりすぎが原因の方は「毛細血管拡張症」という症状で、毛細血管が広がったまま血が流れる量が調整きかなくなってしまい、普段よりも多い量になってしまうと血流が滞ります。それが顔の皮膚に出ることで赤く見えるんだって。ゴシゴシこするまでいかなくても、マッサージすると効果ありそうで、ついついやっちゃいます。ご自身の肌タイプを見極めて、自分に合った方法を見つけましょう。